精密に分けられる産廃選別機器|査定依頼ができる産業廃棄物処理会社

効率的に作業ができる

廃品

瓦礫選別を行なう機器を導入することで、選別作業をより効率的に行なえるようになります。大型の瓦礫を選別するために利用ができるのが、トロンメルです。ショベルで直接廃棄物を入れてすぐに選別ができます。セメント片や木材チップなどの細かい廃棄物は、スイングスクリーンが用いられます。

More Detail

レンタルでも利用できる

不要品

解体作業中に産出された廃棄物は、きちんとした処理会社へと委託しなければなりません。ガラスや鉄骨、コンクリートなどは環境に負荷を掛けず、適正に処理をしなければならないとする制度があるからです。しかしながら、産廃の処理を請け負う会社でも、コンクリートやガラスが混同された状態の廃棄物は引き取ってくれない場合があります。ただでさえ廃棄物の処理に大きな費用を掛けている状態で、廃棄物の選別まで行なうとなると処理会社の負担も大きくなるからです。処理を請け負う会社の中には選別作業も行なってくれる所もありますが、選別のために使用する機械の費用や人件費も処分費用に上乗せされてしまうため、毎回支払うことが大きな負担となるでしょう。そこで利用ができるのが、産廃選別を自社で行なえる機械です。コンクリートやガラス、鉄骨などの廃棄物をそれぞれ選り分けられるので、安く廃棄物処理を行なえるようになるでしょう。産廃選別の機器は取り扱っている専門の会社で購入できるため、必要な機器を会社のウェブサイトから注文するとよいでしょう。

産廃選別用の機器は新品で購入すると高額な費用が必要となります。起ち上げたばかりの建設会社や中小規模の会社ですと、このような費用が用意できない場合もあるでしょう。そこで利用ができるのが、産廃選別機器のレンタルサービスです。新品で購入せずとも、格安で借りることができるので、負担なく選別に利用ができるでしょう。解体作業を行なう日を限定して利用ができるので、維持費も掛からずに済むというメリットも得られるのです。

リサイクルして処分する

ゴミ

埼玉にある産業廃棄物の処理を行なう会社では、さまざまな廃棄物や処分品を安全に処理してくれます。建材として使われていた鉄骨や、鉄製の設備機器はリサイクルによって処理してくれます。建設会社以外にも、大量の処分品に悩む工場や店舗も依頼を行なうことができるのです。

More Detail

事前に査定依頼ができる

不用品

産業廃棄物処理を行なう会社は、回収作業前に素材の調査や廃棄物の計量などを行ないます。廃棄物の素材や量によって処理費用も変動するので、事前の調査によって正確な査定額を出してくれるのです。自社のトラックを使って回収してくれるので、建設会社の業務を阻害することもありません。

More Detail